御手紙


あしたは

はれ かな
あめ かな
くもり かな

きみはどちらがこのみかな

あしたの
てんきの
おはなしを

両手に抱え
もちこんで

肩を寄せ合い
夜をあかそう

涙のわけは
きかないさ

きっとぼくも
おなじ

きっとわたしも
おなじ








元旦の夜明けを想う
今宵
夏の夜に