西陽

8月20日。はれ。

光と影の境目には かならず虹が存在する

壁に映しだされた障子の模様

西陽は今日の悲哀をまとっていた